• 2019年09月17日
  • ひょうごケア・アシスタント事業について 神戸新聞、読売新聞に掲載されました(9月16日 朝刊)

  • 兵庫県補助事業として創設されたひょうごケア・アシスタント事業が、神戸新聞、読売新聞(9
    月16日 朝刊)に掲載されましたので皆様是非ご覧下さい。

     本事業は、高齢者・女性・障害者等の地域住民の方に、特別養護老人ホームや介護老人保健施
    設において、介護の補助的業務(配膳、掃除、洗濯、リネン交換等)を担っていただくことを支
    援するため、「ひょうごケア・アシスタント制度」を創設されました。
     本制度では、1日3時間、週3回勤務などの短時間で、自分に適した就労の機会を得つつ介護現
    場の体験を行うことが出来ます。
     また、介護の仕事を通して、地域へ貢献できるだけでなく、ご本人の生きがいづくりや健康づ
    くりにもつながります。
     令和元年度は、県下65施設で実施されています。
     お近くの施設で、“ケア・アシスタント”として働いてみませんか。
     まずは、お近くの施設にお問合せください。

     どなたでも応募可能です。※年齢不問、無資格、未経験でも可。
  • 各資料はダウンロードできます。
  • 資料ダウンロード (新聞掲載記事)
  • 資料ダウンロード (施設一覧)